資産運用なら三京証券


重要事項(リスク説明)

金融商品販売法に係る重要事項のご説明

三京証券でお取引いただく際は、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。
また、信用取引、株価指数先物・オプション取引、外国為替証拠金取引を、ご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめ預託いただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
お取引にあたっては、各商品のリスクについて充分ご理解いただいた上で、お取引くださいますようお願いいたします。

  • 各商品のリスク、手数料その他詳細な説明等につきましては、当社ウェブサイトまたは上場有価証券等書面・契約締結前交付書面・目論見書等にて必ずご確認下さいますようお願いいたします。

株式

  • 価格変動リスク
    株価の変動により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。又、発行会社の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。
    流動性の低い銘柄については、株価の変動率が大きかったり、売買に支障をきたす場合があります。
  • 信用リスク
    発行会社が民事再生手続をとることになったり、破産等に陥った場合、投資元本を大幅に下回ったり、全額を失うことがあります。一般に新興市場の銘柄については上記のリスクがより高くなります。

外国株式

  • 価格変動リスク
    株価の変動により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。又、発行会社の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。
    流動性の低い銘柄については、株価の変動率が大きかったり、売買に支障をきたす場合があります。
    国内の証券取引所に上場している外国株式は、外国の証券市場における取引価格(外貨)を円貨換算して円建で取引されるので、外国為替市場の変動により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。
    外国の証券市場で取引されている株式を売却して売却代金を日本円で回収する場合、外国為替市場の変動により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。

    ※外国株式は上記のリスクに加え、為替の変動によるリスクや、それぞれの外国における政治・経済・社会情勢の変動によるリスクがあり、投資元本を割り込むことや、売買の制限、円への交換が制限されることがあります。

  • 信用リスク
    発行会社が民事再生手続をとることになったり、破産等に陥った場合、投資元本を大幅に下回ったり、全額を失うことがあります。一般に新興市場の銘柄については上記のリスクがより高くなります。

転換社債型新株予約権付社債

  • 価格変動リスク
    転換社債型新株予約権付社債の価格は、転換の対象となる株式の価格変動や金利変動の影響等により上下しますので、これにより投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。又、発行会社の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。
    流動性の低い銘柄については、価額の変動率が大きかったり、売買に支障をきたす場合があります。
  • 信用リスク
    発行会社が民事再生手続をとることになったり、破産、或は債務不履行等に陥った場合、利払いが行われなくなったり、額面で償還されないで、投資元本を大幅に下回ったり、全額を失うことがあります。一般に新興市場の銘柄については上記のリスクがより高くなります。
  • 株式への転換請求期間の限定
    株式への転換を請求できる期間は限定されておりますのでご留意下さい。

外国(外貨建て)転換社債型新株予約権付社債

  • 価格変動リスク
    転換社債型新株予約権付社債の価格は、転換の対象となる株式の価格変動や金利変動の影響等により上下しますので、これにより投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。又、発行会社の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。
    流動性の低い銘柄については、価額の変動率が大きかったり、売買に支障をきたす場合があります。

    ※外国(外貨建て)転換社債型新株予約権付社債は上記のリスクに加え、為替の変動によるリスクや、それぞれの外国における政治・経済・社会情勢の変動によるリスクがあり、投資元本を割り込むことや、売買の制限、円への交換が制限されることがあります。

  • 信用リスク
    発行会社が民事再生手続をとることになったり、破産、或は債務不履行等に陥った場合、利払いが行われなくなったり、額面で償還されないで、投資元本を大幅に下回ったり、全額を失うことがあります。一般に新興市場の銘柄については上記のリスクがより高くなります。
  • 株式への転換請求期間の限定
    株式への転換を請求できる期間は限定されておりますのでご留意下さい。
  • 為替変動リスク
    外国(外貨建て)転換社債型新株予約権付社債は、外国為替の変動により、損失を被ることがあります。ユーロ円債の外国転換社債型新株予約権付社債には為替変動リスクはありません。

公社債

  • 価格変動リスク
    債券の価格は、金利の変動等により上下しますので、償還前に売却する場合には、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。
  • 信用リスク
    発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。
    発行会社が民事再生手続をとることになったり、破産、或は債務不履行等に陥った場合、利払いが行われなくなったり、額面で償還されないで、投資元本を大幅に下回ったり、全額を失うことがあります。一般に新興市場の銘柄については上記のリスクがより高くなります。

投資信託全般編

価格が円建てで表示される投資信託

  • 国内株式中心に投資する投資信託
    主に国内株式を投資対象としますので、組入株式の株価の下落や、組入株式の発行会社の倒産や財務状況の悪化等の影響により、投資信託の基準価格が下落し、損失を被ることがあります。
  • 外国株式中心に投資する投資信託
    主に外国株式を投資対象としますので、上記1.に加え、為替の変動により損失を被ることがあります。
  • 国内債券中心に投資する投資信託(外貨建資産や株式等には投資しないもの)
    主に国内債券(円建て)を投資対象としますので、金利変動等による組入債券の価格下落や、組入債券の発行体の倒産や財務状況の悪化等の影響により、投資信託の基準価格が下落し、損失を被ることがあります。
  • 外貨建て債券中心に投資する投資信託(株式等には投資しないもの)
    主に外貨建て債券を投資対象としますので、上記3.に加え、為替の変動により損失を被ることがあります。
  • 国内転換社債型新株予約権付社債(CB)中心に投資する投資信託
    主に国内転換社債型新株予約権付社債(円建て)を投資対象としますので、組入転換社債型新株予約権付社債の転換対象株式の価格下落や金利変動等による組入転換社債型新株予約権付社債の価格下落、組入転換社債型新株予約権付社債の発行体の倒産や財務状況の悪化等の影響により、投資信託の基準価格が下落し、損失を被ることがあります。
  • 外貨建て転換社債型新株予約権付社債(CB)中心に投資する投資信託
    主に外貨建て転換社債型新株予約権付社債(円建て)を投資対象としますので、上記5.に加え、為替の変動により損失を被ることがあります。
  • 国内の株式、債券中心に投資する投資信託(一部転換社債型新株予約権付社債にも投資)
    主に国内(円建て)の株式、債券を投資対象とします(一部転換社債型新株予約権付社債にも投資する場合もあります)ので、上記1.・3.・5.の要因により、投資信託の基準価格が下落し、損失を被ることがあります。
  • 国内外(円建て/外貨建て)の株式、債券中心に投資する投資信託(一部転換社債型新株予約権付社債にも投資)
    外貨建ての株式、債券も投資対象とします(一部転換社債型新株予約権付社債にも投資する場合もあります)ので、上記7.に加え、為替の変動により損失を被ることがあります。
  • 金融派生商品(デリバティブ)中心に投資する投資信託
    投資信託が投資対象とする金融派生商品(デリバティブ)固有の要因や投資信託の投資方針固有の事由により、投資信託の基準価格が下落し、損失を被ることがあります。

価格が外貨建てで表示される投資信託

取引価格が外貨建てで表示される投資信託については、上記1.〜9.の事項に加え、外貨建てでは投資元本を割り込んでいない場合でも、為替変動により、円換算ベ−スでは損失を被ることがあります。

※投資信託は、その投資対象や投資方針が多岐にわたり、前記以外にも、投資信託固有のリスク要因により、投資信託の基準価格が下落し、損失を被ることがあります。それぞれの投資信託の目論見書に記載されております「投資方針」や「リスク要因および留意点」につきましても、十分にご確認いただきますようお願いいたします。
※一部の投資信託については、原則として換金できない期間(クロ−ズド期間)が設けられている場合があります。

外国債券

  • 価格変動リスク
    債券の価格は、金利の変動等により上下しますので、償還前に売却する場合には、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。

    ※外国債券は上記のリスクに加え、為替の変動によるリスクや、それぞれの外国における政治・経済・社会情勢の変動によるリスクがあり、投資元本を割り込むことや、売買の制限、円への交換が制限されることがあります。

  • 信用リスク
    発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込、損失が生じるおそれがあります。
    発行会社が民事再生手続をとることになったり、破産、或は債務不履行等に陥った場合、利払いが行われなくなったり、額面で償還されないで、投資元本を大幅に下回ったり、全額を失うことがあります。
    外国の政府等が発行する債券や外国の政府が元利金の支払を保証している債券等については、信用リスクが小さい、とは必ずしも言えない場合があります。一般に新興市場の銘柄については上記のリスクがより高くなります。
  • 為替変動リスク
    外貨建て外国債券は、外国為替の変動により、損失を被ることがあります。

株価指数先物取引

  • 価格変動リスク
    株価指数先物の価格は、対象とする株価指数の変動等により上下しますので、当初期待していたリターンから乖離し、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。場合によっては、投資元本以上の損失を被ることがあります。

株価指数オプション取引

  • 価格変動リスク
    株価指数オプションの価格は、対象とする株価指数先物の変動等により上下しますので、当初期待していたリターンから乖離し、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。オプションを売付けた場合は、投資元本以上の損失を被ることがあります。
  • 権利行使期間の限定
    オプションを行使できる期間は限定されておりますのでご留意下さい。

株価指数連動型投資信託(ETF・日経300)

  • 価格変動リスク
    ETF等の価格は、組み入れた株式の値動き等により基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。
  • 信用リスク
    組み入れた株式の発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。

不動産投資信託(REIT)

  • 価格変動リスク
    REITは、主に不動産への投資の成果を投資家に還元することを目指した商品です。運用の目的となる不動産の価格や収益力の変動等により取引価格が下落し、損失を被ることがあります。
  • 信用リスク
    発行者の経営・財務状態の悪化、倒産等により損失を被ることがあります。


▲ページTOPへ